紙幣を持つ人形

投資マンションを購入する前にポイントを押さえておこう

入居がスムーズになります

女の人

入居者とオーナーに利点

家賃債務保証というのは、賃貸物件を借りる際に必要になる連帯保証人として誰か個人を探すのではなく、家賃債務保証を引き受ける会社がその債務を引き受ける仕組みのことを言います。このシステムを採用している賃貸物件であれば、入居希望者に個人として頼れる連帯保証人がいなくても、会社が代わりに引き受けてくれますので、スムーズな入居につながります。また、連帯保証人が存在すれば、住み替えを行うたびに承諾を得なくてはならない事態になりますが、こちらも物件の債務管理をする会社が代わりに保証人になってくれます。そうなれば、人を介して相談する場合よりも、間違いなくストレスが少なくなるというメリットがあります。この仕組みを知っておくと、賃貸物件の探し方も変わってくるでしょう。

家主から見たメリット

不動産を持つ家主が家賃債務保証を行う会社を利用する目的は、安定した収入を得ることが一番の条件として挙げられます。賃貸物件に入居している人からの賃料支払いが滞ってしまった場合にもきちんと支払われますので、不動産オーナーは何もしなくても毎月決まった金額を受け取れるということを意味し、ストレスフリーな不動産運営になります。これまで不動産オーナーとして入居者と直接向き合ってきたという人なら、入居者とのトラブルで嫌な目に遭った経験もあると思われます。家賃債務保証を行う会社と契約を結べば、これからは会社が間に入ってくれますので、これまたストレスが軽減されることになります。経費は必要ですが、忙しくて不動産にかかりきりではいられない人や、高齢で管理がしんどくなってきた時には最適です。

このエントリーをはてなブックマークに追加