お金を持つ人

投資マンションを購入する前にポイントを押さえておこう

明確なターゲットを絞る

集合住宅

入居者に誰を選ぶか

不動産に投資をする目的で、投資マンションを購入するにあたってもっとも気を付けるべきポイントは、どんな人を入居者の対象とするかです。独身の一人暮らしの人をターゲットにするなら、投資マンションの間取りに1LDKもあれば、かなり見栄えのするものになります。一方で家族をターゲットにするなら、最低でも2LDK、もしくは3LDKはほしいところです。入居者のターゲットを絞り込めば、投資用のマンション購入費用の予算も立てられますので、不動産投資をする上での基本と言えます。高めの住宅ローンを組むつもりなら、家賃収入が多く見込める家族層向け物件を、住宅ローンを抑えたいなら独身者をターゲットにした一人暮らし用の物件を購入対象にするのがベストです。

不動産を利用する目的

昨今、若い世代に不動産投資が人気ですが、投資マンションを購入して資産運用をする目的はいくつか挙げられます。ひとつには、住宅ローンを返済している間、サラリーマンやOLなら減税という恩恵が受けられるという点です。長い期間返済していく住宅ローンですので、減税も長期間にわたり、その累計はかなりの金額になるでしょう。さらに、住宅ローンを支払い終えれば、投資マンションは自分の資産になります。もし空室で借り手がないとなれば、売り払ってしまうことでお金に換えられます。もちろん、ずっと入居者がいてくれれば、住宅ローン完済後は家賃収入が丸々収入になりますので、金銭面で余裕ができます。投資マンションを利用する目的は、サラリーマンやOLにとってメリットが多いの一言に尽きます。

投資の始め方

マンション

マンション投資は、老後の備えなどにもなるので注目を集めています。マンション投資で長期的に安定的なリターンを得るにはよいパートナー選びをする事がとても重要です。良いパートナーを選ぶことで安定した利益を得ることができます。

入居がスムーズになります

女の人

家賃債務保証というのは、会社が不動産オーナーの代わりに家賃の取り立てや入居希望者の手続きをやってくれるサービスです。なかなか不動産管理にかかりきりになれなかったり、高齢になってうまくできなくなってきた人たちが利用することで、安定収入を得るという目的を満たすことができます。

魅力的な投資

スーツの人

不動産投資は、自分の資産をきちんと把握してから行うようにしましょう。もちろん、資産の全てを投資するのもNGです。医療やある程度の生活費は手元に置いておく必要があります。どんな投資も余剰資金で行うのが基本です。

このエントリーをはてなブックマークに追加